愛媛県 30日以降土砂災害に十分注意

台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込む影響で、愛媛県内はあす、局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがあり、気象台は土砂災害に十分注意するよう呼びかけています。

気象台によりますと、南の海上にある台風の周辺から暖かく湿った空気が流れ込む影響で、県内は30日、大気の状態が不安定になる見込みです。
30日の未明から夕方にかけては局地的に雷を伴って激しい雨が降るおそれがあり、発達した雨雲が停滞した場合には警報が出るような大雨になる可能性があります。
1時間に降る雨の量は多いところで中予と南予で30ミリ、東予で25ミリ、30日夜までの24時間に降る雨の量は中予で180ミリ、南予で150ミリ、東予で130ミリと予想され、その後も雨量は増える見込みです。
気象台は土砂災害に十分注意するよう呼びかけています。