愛媛県 猛暑続く 熱中症に警戒を

県内は1日もうだるような暑さになっていて、午前中から35度の猛暑日となっているところもあります。
気象台などは4日連続で「熱中症警戒アラート」を出して外出はできるだけ避け、室内ではエアコンを使用することなどを呼びかけています。
気象台によりますと、県内はきょうも強烈な日差しが照りつけ、午前中から各地で厳しい暑さになっています。
午前11時30分までの最高気温は、大洲市で35度とすでに猛暑日となっているほか、鬼北町で34.1度、今治市で31.4度、松山市でも31.3度などとなっています。
午後はさらに暑くなる見通しで、日中の最高気温は新居浜市で35度、松山市と宇和島市でいずれも33度と予想されています。
気象台などは愛媛県に4日連続で「熱中症警戒アラート」を発表していて、外出をなるべく避けることや室内をエアコンなどで涼しくして過ごすことなどを呼びかけています。
また、愛媛県も場面に応じてマスクを外し、熱中症に警戒するよう呼びかけています。