聖カタリナ野球部で不祥事 3年生のみで大会出場へ

松山市にある聖カタリナ学園高校の野球部は、生徒間による不祥事があったとして、日本高校野球連盟から厳重注意処分を受け、7月に開かれる夏の全国高校野球愛媛大会は3年生のみで出場すると発表しました。

聖カタリナ学園高校によりますと、野球部の寮内で生徒間の不祥事があったということです。
学校側は、不祥事の内容について生徒の個人情報に関わるとして明らかにしていませんが、関係者によりますと、5月、複数の部員による暴力行為があったということです。
この報告を受けた日本高校野球連盟は聖カタリナ学園の野球部を17日付けで厳重注意処分としました。
また、処分に伴って1年生と2年生は来月開催される夏の全国高校野球愛媛大会への出場ができなくなり、学校は3年生のみで大会に出場すると発表しました。
処分を受け、学校は再発防止に向けて第三者委員会を立ち上げ、詳しい状況を調べることにしています。
また、監督と部長は辞意を示しているということで、今年度は指導から外し、当面、ほかの野球部顧問を中心に指導していくということです。