新型コロナ 3人死亡2571人感染 感染者数の集計方法変更

神奈川県は27日、新たに2571人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

神奈川県は27日から、全数把握の見直しに伴って感染者数の集計方法を変更しました。
これまでの発生届を元にした人数ではなく、前日までに医療機関から報告された人数と、セルフテストで陽性になり、県の「陽性者登録窓口」にオンラインで登録された人数をあわせて、新規感染者数として発表しています。
このうち医療機関から報告されたのは、2163人で、自身で検査して件の陽性者登録窓口に登録された人は408人でした。
発表の方法が変わったため、単純に比較できませんが、前の週の火曜日と比べて211人少なくなっています。
27日までの7日間の感染者数の平均は3327.86人で、1週間前の0.8倍でした。
1倍未満となるのは32日連続です。
年代別では、0歳が14人、1歳から4歳が97人、5歳から9歳が194人、10歳未満が305人、10代が396人、20代が382人、30代が365人、40代が457人、50代が296人、60歳から64歳が101人、65歳から69歳が43人、70代が171人、80代が42人、90歳以上が13人となっています。
また、川崎市と相模原市、それに藤沢市は、あわせて3人の死亡を発表しました。
死亡したのは、川崎市の80代の女性と、相模原市の70代の女性、それに、藤沢市の70代の女性です。
NHKのまとめでは神奈川県内で発表された感染者は、これで147万8642人となり、このうち2964人が死亡しています。