江ノ島電鉄 1日で開業120年 江ノ島駅で記念式典

神奈川県の藤沢市と鎌倉市を走る江ノ島電鉄が、開業から120周年を迎えたことを記念して、1日朝、江ノ島駅で式典が開かれました。

江ノ島電鉄は1902年9月1日に、いずれも藤沢市の藤沢駅から現在の江ノ島駅にあたる片瀬駅の間で開通し、1日で開業120周年を迎えました。
1日朝は江ノ島駅で記念式典が開かれ、駅には現役では最も古い1960年に造られた300形の車両2両が姿を現しました。
はじめに、井口貴之駅長が「やすらぎの心やゆたかな暮らしの実現に貢献して参ります」とあいさつしたあと、くす玉を割り、開業120周年を祝いました。
このあと、鎌倉方面から到着した最新の車両2両と先に到着していた車両が連結され乗客を乗せて出発すると、集まった鉄道ファンたちが写真を撮るなどして見送っていました。
鎌倉出身の20代の男性は「小さいときから江ノ電が好きだったのでお祝いしたいと思い駆けつけました」と話していました。
また、江ノ島電鉄の井口貴之駅長は「さらに200年、300年と続いてお客様に安全を提供できるよう努力して参ります。江ノ電は、時代に合わないかもしれませんが、のんびりできるところが魅力ですのでぜひご利用ください」と話していました。