台風8号 静岡県御前崎付近を通過

台風8号 静岡県御前崎付近を通過

台風8号は午後3時前、静岡県の御前崎付近を通過しました。
静岡県や関東甲信では雨や風が強まっていて、13日夜遅くにかけて大雨のおそれがあり、静岡県など、東海では線状降水帯の発生も予想されています。
お盆の時期とも重なることから、最新の情報を確認し、雨や風が強まる前に安全を確保するようにしてください。

気象庁によりますと、台風8号は午後3時前、静岡県の御前崎付近を通過しました。
午後0時の観測では、中心の気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル最大瞬間風速は30メートルで、暴風域はありませんが、中心の東側390キロ以内と西側165キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。
台風周辺の暖かく湿った空気の影響で静岡県や関東甲信の各地で雨が降り、局地的に雨雲が発達しています。
静岡県では台風の接近前から雨が降り続いていて、午後2時までの24時間の雨量は、静岡県富士宮市で217.5ミリ静岡市で192.5ミリなどとなっています。
これまでの雨で静岡県では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。
台風はこのあと、静岡県と関東を通過しながら北東へ進み、14日の未明には茨城県沖へ達すると予想されています。
台風の接近に伴って東海は13日夕方にかけて、関東甲信では13日夜にかけて、東北南部では13日夜から雨や風が強まり、13日夜遅くにかけて雷を伴って非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降って大雨となるおそれがあります。
特に静岡県など東海では13日の日中、発達した雨雲が次々連なる線状降水帯が発生して災害の危険度が急激に高まる可能性があるとしています。
14日昼までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、静岡県で300ミリ、関東甲信で200ミリ、伊豆諸島で150ミリ、静岡県を除く東海、それに東北で100ミリと予想されています。
東海で線状降水帯が発生した場合は局地的にさらに雨量が増えるおそれがあります。
また、海上を中心に非常に強い風が吹く見込みで、13日の最大風速は東海と関東、伊豆諸島、それに東北で20メートル、最大瞬間風速は30メートルと予想されています。
東海と関東、伊豆諸島ではうねりを伴って大しけとなる見込みです。
気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水、それに高波に警戒するよう呼びかけています。
また、強風や落雷、竜巻などの激しい突風にも十分注意が必要です。
お盆の時期とも重なることから、台風の進路にあたる地域では屋内の窓から離れた場所など安全な場所で過ごし、最新の情報に注意してください。
雨や風が強い時間帯は予定の変更や見直しをすることも重要な対策です。