車内で幼児2人意識不明 重体の女児も死亡 厚木

先週、神奈川県厚木市の公園の駐車場で母親と一緒に車の中にいた幼い子ども2人が意識の無い状態で病院に搬送され、このうち1歳の男の子が死亡しましたが、2日、重体となっていた2歳の女の子も亡くなりました。
警察は、死因を調べるとともに母親から話を聞くなどして当時の状況を調べています。

先月29日の午後5時前、厚木市長谷の「ぼうさいの丘公園」の駐車場で「車の中にいた子ども2人の意識がない」と母親から通報があり、2人は病院に搬送されました。
このうち1歳の男の子はまもなく死亡し、2歳の女の子は意識不明の重体となっていましたが、警察によりますと2日朝早く、女の子が死亡したということです。
先月29日の最高気温は、隣の海老名市で33度を超える厳しい暑さとなっていました。
警察のこれまでの調べによりますと、2人に目立った外傷はなく、車に一緒に乗っていた母親は「30分ほどエンジンを切って窓を開けていた。子どもを後部座席で寝かせて、前の席で、スマートフォンを見ていた」などと説明しているということです。
警察は、2人の死因を調べるとともに母親から話を聞くなどして当時の状況を調べています。