中間貯蔵施設 柳井市長“周辺自治体住民は不安や不信がある”

建設に向けた調査が進められている上関町の中間貯蔵施設をめぐって、柳井市の井原市長は「周辺自治体の住民は不安や不信があり、それは決して小さくない」と述べ、28日に予定されている中国電力からの説明の場で不安や不信があることを直接訴える考えを示しました。

上関町で中間貯蔵施設の建設に向けた調査が進められている中、中国電力は28日から柳井市、田布施町、平生町、それに周防大島町を訪れて中間貯蔵施設についての説明の場を設けます。
これについて柳井市の井原市長は27日の定例の会見で周辺の1市3町の首長と担当者が中間貯蔵施設に関する今後の方針を話し合ったことを明らかにしました。
その上で井原市長は「1市3町の住民の中にも不安や不信があり、それは決して小さくないと周辺自治体が個別に中国電力に伝えていくべきで、それは周辺自治体が共通認識として持っている」と述べました。
その上で、「私の役割は市民の安全をいかに守るかが最優先で、私自身の考えをしっかり地元の声として伝えたい」として、28日の中国電力による説明に対して、不安や不信があることを直接訴える考えを示しました。