インフルエンザ・新型コロナ感染者数ともに前週を上回る

11月19日までの1週間のインフルエンザの平均感染者数は25.64人で前の週より増え、注意報レベルが続いています。
また、新型コロナウイルスの平均感染者数も2.16人と前の週を上回りました。

11月19日までの1週間に県内67の医療機関でインフルエンザの診断を受けた人は、1医療機関あたりの平均で25.64人と、前の週から6.37人増えました。
依然として県が注意報レベルとする平均10人を超える状況が続いていて、県は引き続き「流行発生注意報」を出し、注意を呼びかけています。
保健所の管内別では多い順に萩管内が47人、柳井管内が37.8人、山口管内が35.5人、長門管内が29.33人、防府管内が27.4人、宇部管内が23人、下関管内が22.92人、岩国管内が21.75人、周南管内が14.75人となっています。
また新型コロナウイルスの1医療機関あたりの平均感染者数は2.16人と、前の週から0.31人増えました。
保健所の管内別では多い順に周南管内が4.25人、防府管内が3人、岩国管内が2人、下関管内が1.92人、宇部管内が1.5人、柳井管内が1.4人、山口管内が1.25人、長門管内が1.33人、萩管内が0.67人となっています。
県は感染状況について「新型コロナもインフルエンザも増加に転じたが、特にインフルエンザの増加が目立つ状況だ。気温も下がり空気の乾燥する季節なので、換気や手洗いなどの基本的な感染対策を改めて徹底してほしい」と話しています。