衆院山口4区補選に立民の有田氏が立候補表明

来月、投票が行われる衆議院山口4区の補欠選挙に元参議院議員の有田芳生氏が立憲民主党の公認候補として立候補することを表明しました。

有田氏は15日下関市内で記者会見を行い、来月23日に投票が行われる衆議院山口4区の補欠選挙に立憲民主党の公認候補として立候補することを表明しました。
会見で有田氏は「旧統一教会と政治のつながりを打開するとともにアベノミクスや拉致問題への取り組みなど、戦後最長となった安倍政権について検証し、見直したい」と述べました。
有田氏は京都府出身の71歳。
ジャーナリストでテレビのコメンテーターなども務めました。
平成22年の参議院選挙の比例代表に当時の民主党から立候補して初当選し、2期務めたあと、去年7月の参議院選挙で落選しました。
衆議院山口4区の補欠選挙は来月11日に告示、23日に投票が行われ、これまでに自民党の新人の吉田真次氏(38)と、政治家女子48党の新人の黒川敦彦氏(44)が立候補を表明しています。