デジタル技術で地域の課題解決へ 山口市で企業12社が展示会

県内外の企業の最先端のデジタル技術などを紹介する展示会が山口市で開かれています。

この展示会はデジタル技術を活用して地域課題の解決につなげようと山口県などが企画し、会場では県内外の企業12社の最先端のデジタル技術などが紹介されています。
このうち、山口市のウェブデザインなどを手がける会社のブースで展示されているモニターは、センサーが手の動きを感知し画面に触れることなく、映し出されたメニューを選んだり、動画を再生できたりします。
また、大手電機メーカーのブースでは人間の指示に従って動くロボットが紹介され、担当者が将来はロボットが自ら判断をして人の役に立つ行動をするシステムを開発していることを説明していました。
山口県デジタル政策課の平野竜也さんは「デジタル技術を活用することで困りごとを解決することなどができる。イベントを通じて、これまでにない気づきやデジタル技術が持つ可能性を感じてほしい」と話していました。
この展示会は、山口市の「ニューメディアプラザ山口」で27日まで開かれています。