山口県 新型コロナ 新たに434人感染確認

山口県は10月1日、新たに434人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

山口県は自治体別の感染者数の公表をやめ、先月27日から県内の保健所ごとの感染者数を公表しています。
それぞれの保健所管内の感染者数は岩国が61人、周南が59人、下関が56人、山口が53人、萩が50人、宇部が45人、防府が38人、柳井が16人、長門が10人となっています。
また、医療機関を受診せず「自宅療養者フォローアップセンター」に登録した人は46人で、感染者の合計は434人となっています。
新規感染者数は先週の土曜日と比べて55人多くなっています。
これで県内での感染確認はのべ16万3973人になりました。
1日時点で県内の医療機関に入院している人は95人で、重症は1人、中等症41人となっています。