シーズン到来 下関市でフグの初競り 

今シーズンのフグ漁の到来を告げるフグの初競りが26日朝、下関市で行われました。

トラフグの取扱量が日本一の下関市の南風泊市場では、9月から始まったトラフグ漁にあわせて毎年、この時期に初競りが行われます。
26日は山口県沖の日本海や豊後水道などでとれた天然物や養殖物のトラフグ、およそ1.7トンが競りにかけられました。
午前3時20分に競りの開始を知らせるベルが鳴らされると、競り人と仲買人が筒状の袋の中で指を握りあって値段を決める「袋競り」という方法で競りが始まり、威勢のいいかけ声とともに次々とフグが競り落とされていきました。
トラフグは大きなもので重さが4.5キロほどあり、1キロあたりの最高価格は1万6000円と去年より2000円安く、3年連続の下落となりました。
市場の関係者によりますとコロナ禍の前ほど、飲食店の需要が回復していないほか、9月に入っても暑い日が続き、フグ鍋などの需要が高まっていないことが理由だということです。
下関唐戸魚市場の郷田祐一郎社長は、「相場が下がっている中でも仲卸には頑張って高値で買ってもらっている。12月くらいから天然物の入荷が増えるのを期待したい」と話していました。
26日競り落とされたフグは、東京や大阪を中心に出荷されます。