台風による被害 (午後5時)

被害の情報です。
▼長門市によりますと、18日午後3時すぎ、市内の70代の女性が強風にあおられて道路で転倒し顔などに軽いけがをしたということです。

▼台風14号による大雨の影響で、山口県岩国市の自動車学校では教習コースが水につかる被害が出ました。
岩国市の錦川の近くにある岩国自動車学校では教習用のコースに水が流れ込んだ影響で、コースに設置された標識や壁に見立てた柵などが浸水してほとんど見えない状態となっていました。
自動車学校によりますと、19日は台風の接近に伴って休校していて、教習車への被害はないということです。
一方で、水が引くのを待った上で泥などの撤去作業を行うため、再開のめどは立っていないということです。

▼山口県長門市の道の駅「センザキッチン」では、親子のクジラのモニュメントのうち子クジラが数メートル下の地面に落下していました。
市によりますと、18日、子クジラが落ちているという情報が入ったため近くに立ち入りができないように対応しているということです。
子クジラは大きさが1メートル余りあり、もともと母クジラの乳を吸う形でおなかにくっついました。
長門市の担当者は、市内は18日も風が強かったため台風の影響も考えられるとしています。

▼台風による強風と見られる影響で下関市新地西町では、住宅のベランダが崩れる被害がありました。
近くに住む住民によりますと19日未明に大きな音が聞こえたため明るくなってから外に出て確認したところ、住宅の2階のベランダが傾いていたということです。
そして、午後1時ごろ、再び大きな音がして、確認したところベランダが下に落下していたということです。
下関市によりますと、住人にケガはないということです。

▼下関市椋野町では、強風で道路沿いにある飲食店の大きな看板が、道路の向かい側の歩道まで飛ばされていました。
飲食店の隣りにあるジムの看板も、道路の向かい側にある住宅の玄関先まで飛ばされていたということです。

▼下関市にある「下関医療センター」では、外壁の補修工事のための足場が、強風の影響で大きく傾きました。
足場は国道191号線に面していて、崩れるおそれがあることから、真下にある国道の一部が通行止めになっています。
病院によりますと、19日午前9時から足場を修復する作業が行われていて、19日中には完了する予定だということです。