萩市・山陽小野田市など4市1町に「高齢者等避難」の情報

台風14号の接近に伴って、山口県内では、4つの市と1つの町が午後3時に、「高齢者等避難」の情報を出しました。

「高齢者等避難」の情報が出されたのは、▼山陽小野田市の市内全域の2万5876世帯5万6161人に、▼萩市の市内全域の2万2834世帯4万4151人に、▼周防大島町の町内全域の8495世帯1万4656人です。
また、▼下関市は、市内の土砂災害特別警戒区域と土砂災害警戒区域の全域、あわせて1万7488世帯3万9113人に、▼宇部市は、東岐波、西岐波、常盤、恩田、岬、上宇部地区、川上、小羽山、新川、鵜の島、藤山、原、黒石、厚南、西宇部、厚東、二俣瀬、小野、船木、万倉、吉部の21地区のあわせて4026世帯9592人に「高齢者等避難」の情報を出しました。
5段階の警戒レベルのうちレベル3の情報で、自治体は、高齢者や体の不自由な人などは今のうちに避難を始めるよう呼びかけています。