台風14号 19日昼ごろ山口県に最接近見込み 厳重警戒を

大型で非常に強い台風14号は、19日の昼前から昼過ぎにかけて山口県に最も接近する見込みです。
気象台は暴風、高潮、土砂災害に厳重に警戒するとともに、うねりを伴った高波や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけています。

下関地方気象台によりますと、大型で非常に強い台風14号は非常に強い勢力を維持したまま、19日昼前から昼過ぎにかけて山口県に最も接近する見込みです。
台風が予報円の中心付近を進むと、県内の早いところでは18日の夜遅くに風速25メートル以上の暴風域に入る見込みです。
18日昼過ぎから20日にかけて非常に強い風や猛烈な風が吹き、飛んできたものでけがをしたり、走行中のトラックが横転したりするおそれもあります。
不要不急の外出を控え、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒が必要です。
19日にかけての最大風速は、▼瀬戸内側で40メートル、▼日本海側と陸上で30メートル、最大瞬間風速は、▼瀬戸内側で60メートル、日本海側と陸上で45メートルと予想されています。

また、台風周辺や本体の暖かく湿った空気が流れ込む影響で、県内では局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあり、山口県を含む九州北部では、19日日中にかけて線状降水帯が発生して災害発生の危険度が急激に高まる可能性があります。
▼19日にかけて1時間に降る雨の量は多いところで県内全域で70ミリ、▼19日昼までの24時間に降る雨の量は多いところで県内全域で300ミリと予想されています。

さらに、海上では18日夜遅くから20日にかけて、うねりを伴った大しけとなる見込みで、台風接近時には潮位が高くなるため、海岸や河口付近の低地では浸水や冠水に厳重に警戒して下さい。
19日にかけての波の高さはいずれもうねりを伴い、▼日本海側で7メートル、▼瀬戸内側で6メートルと予想されています。
気象台は▽暴風、高潮、土砂災害に厳重に警戒するとともに、▽うねりを伴った高波、低い土地の浸水、川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけています。