お盆のお供え ハスの花の出荷始まる レンコンの産地岩国市

中国地方有数のレンコンの産地として知られる岩国市で、お盆のお供え物にされるハスの花の出荷が始まりました。

岩国市では、尾津地区を中心におよそ200ヘクタールで特産の「岩国れんこん」が栽培されています。
「岩国れんこん」は毎年この時期に白いハスの花を咲かせ、花が開く前のつぼみや花が散った後の茎の部分の「れん台」が、お盆のお供え物として使われています。
1日は、岩国市地方卸売市場にハスの花のつぼみやれん台が次々と持ち込まれ、JAの職員たちが茎の長さを70センチほどに切りそろえ、5本ずつに束ねていきました。
1日は、つぼみとれん台あわせて1000本が出荷されるということです。
JAによりますと、ことしは晴天が続き例年よりもハスの花の生育が早いということです。
JA山口県岩国営農センターの山近泰弘さんは「夏の風物詩としてことしもいっぱい花が出荷できてよかったです。お盆の仏壇に飾っていただければうれしいです」と話していました。
出荷作業は8月4日と8日にも行われ、県内の園芸店の店頭に並ぶということです。