台風4号 5日午後に山口県に最接近 強風に十分注意

東シナ海を北上している台風4号はこのあと次第に進路を東寄りに変えて、5日午後に山口県に最も接近する見込みです。
気象台は強風に十分注意するとともに土砂災害や川の増水などに注意するよう呼びかけています。

下関地方気象台によりますと、台風4号は今後も東シナ海を北上し、次第に進路を東寄りに変えて九州に上陸するおそれがあり、山口県には5日午後に最も接近する見込みです。
県内の早いところでは、5日朝から風速15メートル以上の強風域に入る見込みで、最大風速は、瀬戸内側で18メートル、日本海側で15メートル、陸上で12メートル、最大瞬間風速はいずれも25メートルと予想されています。
波の高さは、日本海側は3メートルでうねりを伴い、瀬戸内側は2メートルと予想されています。
台風の進路や発達の程度によっては暴風警報を発表する可能性もあるということです。
また、台風から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となるため、中部と東部を中心に5日明け方から局地的に雷を伴い、1時間に30ミリの激しい雨が降るおそれがあります。
5日午後6時までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、中部と東部で100ミリ、西部で60ミリ、北部で40ミリと予想されています。
気象台は強風に十分注意するとともに、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、うねりを伴った高波、落雷や竜巻などの激しい突風に注意するよう呼びかけています。

JR西日本によりますと台風の影響で5日から6日にかけて、県内の在来線は運転の取りやめや遅れなどが出る可能性があるとして、運行情報に注意するよう呼びかけています。
また、徳山港と竹田津港を結ぶ周防灘フェリーは、台風の状況次第では運航を見合わせる可能性があるとしています。