阿武町誤振込問題 未回収の340万円法的に確保で全額回収へ

阿武町が給付金4630万円を住民1人に誤って振り込み返還を拒まれていた問題で、町はこれまで回収ができていなかったおよそ340万円についても、法的に確保したことを明らかにしました。
このまま回収に向けた手続きが進めば、阿武町は、誤って振り込んだ給付金の全額を回収したことになります。

これは20日、阿武町の代理人を務める中山修身弁護士が、町が住民に対して誤って振り込んだ給付金の返還を求めている裁判の審理状況を説明する会見の中で明らかにしました。
それによりますと、中山弁護士は20日の裁判の中で、住民がデビット決済で利用して回収できていなかったおよそ340万円について、「法的に確保している」ことを説明したということです。
中山弁護士は、確保した経緯などについては「改めて説明する」として明らかにしませんでしたが、阿武町はこれまでに住民が出金していた3つの決済代行業者から4290万円余りを回収していて、このまま回収に向けた手続きが進めば、阿武町は誤って振り込んだ給付金の全額を回収したことになります。