梅雨の晴れ間 各地で気温上昇 岩国市・山口市などで真夏日

梅雨の晴れ間となった17日は各地で気温が上がり、岩国市や山口市などで30度以上の真夏日となるなど蒸し暑い1日になりました。

下関地方気象台によりますと、17日の山口県は高気圧に覆われて晴れ、各地で気温が上がりました。
日中の最高気温は岩国市の広瀬で32.2度、山口市で31.8度、防府市で30.6度など各地で真夏日となり、蒸し暑い1日になりました。
山口市中心部の公園では子どもたちが水遊びをしていたほか、お年寄りなどがこまめに水分補給するなど熱中症対策をしながらグラウンドゴルフを楽しんでいました。
光市から家族で訪れた男性は「梅雨の雨が続く前に外で遊ぼうと思いましたが子どもには厳しい暑さなので水があるところで楽しんでいます。暑いので水にぬれてちょうどいいくらいです」と話していました。
県内は18日も晴れて、午前中から気温が上がる見込みで日中の最高気温は山口市と萩市が29度、下関市が28度、柳井市が26度と予想されています。
この時期はまだ体が暑さに慣れておらず、30度前後の気温でも熱中症になるおそれがあるため、気象台では意識をして水分を補給するなど熱中症対策を心がけるよう呼びかけています。