自転車のヘルメット着用 長井市が着用促す条例案を提出

自転車に乗る際のヘルメットの着用率を高めようと、長井市は着用を促す条例案を定例市議会に提出しました。

自転車に乗る際のヘルメットの着用は、去年4月に道路交通法が改正され、自転車に乗るすべての人を対象に着用が努力義務化されました。

こうしたことを受けて、長井市はヘルメットの着用を促す条例案を、定例市議会に提出しました。

条例案には市民や学校などが連携して自転車事故の防止に取り組むことや、交通安全運動などを通してヘルメットの着用や自転車保険の加入を周知していくことなどが盛り込まれています。

市によりますと、ヘルメットの着用が努力義務化される前の令和元年、山形県では着用を促す条例がすでに制定されているということですが、市町村で同様の条例が制定されるのは初めてだということです。

長井市の内谷重治市長は「中学生はヘルメットをほぼ着用しているが、大人の着用率が低い。事故が起きてからでは遅いので、条例を制定することで着用の後押しにしたい」とコメントしています。

この条例は市議会で可決されれば来月から施行されます。