山形市の中学校 熱中症搬送後も練習続行“中止すべきだった”

24日、屋外での体育祭の練習で生徒13人が熱中症とみられる症状で病院に搬送された山形市内の中学校で、休憩中に生徒から体調不良の訴えが相次ぐなか、学校が練習を再開していたことがわかりました。
NHKの取材に対し、学校は「体調不良の生徒が相次ぎ、現場が混乱していた。訴えが相次ぐ中で中止の判断をすべきだった」としています。

24日午前、山形市立第十中学校で、体育祭の練習で体調不良を訴える生徒が相次ぎ、熱中症とみられる症状で男女13人が病院に搬送されました。

いずれも中等症や軽症とみられています。

山形県では24日、熱中症の危険性が極めて高くなると予想され、「熱中症警戒アラート」が発表されていて、体調不良の訴えは午前9時20分ごろからの30分の休憩のあいだに相次ぎました。

ところが、休憩後も学校が校庭で体育祭の練習を再開していたことが、学校や山形市教育委員会への取材でわかりました。

練習は、体調不良を訴えた生徒を除くかたちで10分ほど続けられたあと、午前10時に暑さ指数を計測し、原則、運動を中止する「危険」となったため中止したということです。

NHKの取材に対し、中学校は「体調不良の生徒が相次ぎ、現場が混乱していた。訴えが相次ぐ中で中止の判断をすべきだった」と話し、教育委員会は「練習の続行は適正ではなかった」と話しています。

山形県内では先月下旬、米沢市で部活動を終えて帰宅途中だった女子中学生が熱中症とみられる症状で死亡していて、県教育委員会は各学校に熱中症対策を徹底するよう求めていました。