あつみ温泉ばら園 色とりどりのバラが見頃迎える 鶴岡市

温泉街を一望できる鶴岡市のばら園で、色とりどりのバラが見頃を迎えています。

鶴岡市の「あつみ温泉ばら園」は、温泉街を一望できる高台に、およそ90種類、3000本ほどのバラが植えられていて、毎年6月から10月ごろにかけて楽しむことができます。

ばら園の管理人によりますと、ことしは例年より1週間ほど早い先月20日ごろに咲き始めたということで、いま、見頃を迎えています。

このうち、「プリンセス ミチコ」は、イギリスから贈られたオレンジ色の品種で、当時、皇太子妃だった上皇后さまの名前にちなんで名付けられました。

このほか、庄内藩主の酒井家が庄内地方に入って去年で400年になるのにあわせて植樹された「殿様の薔薇」や週末限定で、噴水に浮かべた色鮮やかな赤いバラなども楽しむことができます。

ばら園を管理する榎本幸作さんは、「ことしもきれいに咲かせることができた。ぜひ多くの方に咲いたバラを見ていただきたい」と話していました。

「あつみ温泉ばら園」に咲くバラは、10月ごろまで楽しめるということです。