東北電力 家庭向け電気料金値上げ申請 平成以降最大の上げ幅

東北電力は家庭向け電気料金のうち、およそ8割が契約する主要プランについて、来年4月からの値上げを、24日、国に申請しました。
値上げ幅は平均で32.94%と平成以降で最も大きくなり、家計にとって重い負担になりそうです。

これは東北電力の樋口康二郎社長が、24日、仙台市の本店で記者会見を開いて発表しました。

それによりますと、東北電力は家庭向け電気料金のうち、およそ8割が契約する「規制料金」と呼ばれる主要プランについて、来年4月からの値上げを、24日、国に申請しました。

申請した値上げ幅は平均32.94%で、平成以降では最も大きくなります。

値上げの理由としては、ロシアのウクライナへの侵攻などで火力発電の燃料価格が高騰し、このままでは燃料調達や設備の更新などに支障が出るおそれがあることなどを挙げています。

東北電力が値上げを申請するのは、東日本大震災で経営が悪化した2013年以来です。

会社の試算では、今回の値上げによって平均的な家庭のケースで1か月あたりの支払い額はこれまでより2717円増えて1万1282円になるということです。

樋口社長は「さまざまな物が値上がりする中で、さらに負担をかけるのは非常に心苦しいが、電力の安定供給のため苦渋の決断だった。徹底した経営効率化に取り組むとともに、利用者には電気の効率的な利用方法などを提案していきたい」と述べ、理解を求めました。

東北電力の申請は、今後、国の有識者会議で値上げ幅が妥当かどうかなど、審査が行われる予定です。