将棋資料館開館30周年 名工たちの作品を集めた特別企画展

将棋の駒の生産量が日本一の天童市にある将棋資料館の開館30周年を記念して、1日から将棋駒の名工たちの作品を集めた特別企画展が始まります。

この特別企画展は、JR天童駅の1階にある天童市将棋資料館が30周年を迎えたのにあわせて市が企画し、30日、市の関係者などが記念の式典でテープカットを行いました。

会場には、江戸時代から戦前にかけて活躍した将棋駒の名工と言われる金龍や、現在、流通している駒の書体の大半を作った豊島龍山が手がけた駒など20点余りが展示されています。

なかでも江戸時代に活躍した安清の作品は、昭和40年代まで出回っていた「書き駒」に使われた、「天童草書体」のルーツとなったものです。

また、天童市が「彫り駒」中心の産地となるきっかけを作った奥野一香が昭和天皇の即位を記念して作った駒も展示されています。

企画した天童市商工観光課の山田和範主査は、「駒の文字の書き方や形など天童が影響を受けてきた作品が展示されているのが見所だ。ぜひ、将棋の駒の奥深さを感じてほしい」と話していました。

この特別企画展は、1日からことしの12月21日まで、天童市将棋資料館で開かれています。