酒田でアパート燃える火事 1人死亡 60代男性と連絡取れず

13日未明、酒田市でアパートが燃えた火事で、焼け跡から1人が遺体で見つかりました。
警察によりますとこのアパートに住む64歳の男性と連絡が取れなくなっているということで警察は、身元の確認を進めています。

13日午前2時すぎ、酒田市幸町のアパート「メゾンジュヴェール」で火災報知器が鳴っているとこのアパートに住む男性から警察に通報がありました。

消防や警察がかけつけたところ、アパートから炎が出ているのが確認され、消火活動の結果午前5時すぎに消し止められました。

この火事で木造2階建てのアパートの6部屋のうち2階の3部屋と1階の1部屋が焼け、焼け方が最も激しかった2階の部屋から1人が遺体で見つかりました。

警察によりますと、この部屋に住む佐藤正義さん(64)と火事のあと、連絡が取れなくなっているということです。

このほかの5部屋の入居者にけがをした人はいなかったということです。

警察は遺体の身元の確認を進めるとともに、焼け方が最も激しかった2階の部屋を中心に14日も消防と合同で現場検証を行い、火事の詳しい原因などを調べることにしています。

現場は、JR酒田駅から北西に400メートルほどの住宅街で、アパートは線路のすぐ脇に建てられていました。