山形県 新型コロナ 1人死亡 1308人感染確認

県は新たに1308人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと7日発表しました。
また、感染が確認された1人が亡くなったということです。

新たに感染が確認されたのは大蔵村を除く34の市町村と県外に住むあわせて1308人で、先週の同じ曜日と比べると374人減っています。

前の週の同じ曜日を下回るのは2週間連続です。

市町村別にみますと、山形市が205人、酒田市が171人、鶴岡市が149人、米沢市が121人、天童市が104人、寒河江市が68人、東根市が66人、南陽市が61人、高畠町と庄内町がいずれも42人、長井市が40人、上山市が31人、川西町が24人、新庄市と山辺町がいずれも20人、最上町と舟形町がいずれも15人、尾花沢市と河北町がいずれも13人、中山町が12人、村山市と飯豊町がいずれも11人、遊佐町が9人、白鷹町が7人、大江町と金山町がいずれも6人、小国町が5人、西川町が4人、朝日町、大石田町、三川町、鮭川村がいずれも3人、真室川町と戸沢村がいずれも1人、それに県外在住が3人となっています。

感染が確認された人の累計は9万796人となり、9万人を超えました。

また、県によりますと感染が確認された90歳以上の男性が6日亡くなったということです。

県内で亡くなった人は合わせて170人となりました。

県のまとめによりますと、県内の新型コロナウイルスの感染者のうち、「在宅療養中」は6日より83人減って、1万1751人となっています。

入院や在宅療養について「調整中」とされている人は173人です。

「入院中」は405人で重症者はいません。

「病床使用率」は47.7%となっています。

「宿泊療養中」は61人です。