庄内空港と鶴岡市内の観光地結ぶシャトルバスの実証実験

庄内空港から鶴岡市の観光地への利便性を高めようと、空港と温泉地や水族館などを結ぶシャトルバスの実証実験が行われています。

この実証実験は県庄内総合支庁などでつくる協議会が、先月中旬から始めています。

庄内空港から鶴岡市の湯野浜温泉や加茂水族館などの観光地に向かうには、空港からバスを利用する場合、鶴岡駅方面まで出て乗り継ぎをする必要があるため、所要時間は1時間半ほどかかります。

一方、実証実験のシャトルバスを利用すると、空港と▽湯野浜温泉、▽加茂水族館、▽由良温泉までにかかる時間は50分ほどに短縮できます。

シャトルバスの乗車券は1回の乗車につき一律500円で購入することができるほか、現金や交通系のICカード「チェリカ」で決済することもできます。

シャトルバスは12日と来月25日までの土日祝日に運行する予定です。

庄内空港利用振興協議会の小松弘幸事務局長は「庄内空港から湯野浜温泉などを結ぶバスはこれまでなかった。実証実験の結果を踏まえて、交通の利便性を高めるための検討を進めていきたい」と話していました。