山形市などで35度 山形県に熱中症警戒アラート

県内は31日、晴れて気温が上がり、山形市や米沢市などでは35度ちょうどを観測し猛暑日になるなど、厳しい暑さとなっています。
山形地方気象台と環境省は、熱中症警戒アラートを発表し、熱中症に対するいっそうの対応を求めています。

31日の県内は高気圧に覆われて晴れ、各地で気温が上がっています。

午後2時までに観測した最高気温は、山形市、米沢市、高畠町で35度と猛暑日になっているほか、大江町で34.4度、山形空港で34.3度、新庄市で34.1度などと県内の残りすべての観測地点で30度以上の真夏日となっています。

山形地方気象台と環境省は、熱中症警戒アラートを発表し、外出をなるべく避けることや室内をエアコンなどで涼しくして過ごすこと運動する場合は、医師や看護師を配置するなどの対策を取ったり、涼しい屋内で行ったりするよう呼びかけています。

環境省が公開している「暑さ指数」も確認し、熱中症を予防する行動を取ってください。

お年寄りや小さな子どもは特に注意が必要です。