天童市の料理店で火事 経営者夫婦を搬送 夫は死亡

26日朝、山形県天童市で、中華料理店と住宅を兼ねた建物が焼ける火事があり、この店の店主の77歳の男性が死亡しました。

26日午前8時前、天童市交り江にある中華料理店から黒い煙が上がっていると通報がありました。

消防による消火活動の結果、火はおよそ4時間後に消し止められましたが、この店を経営する高田秀郎さん(77)が山形市内の病院に搬送され、死亡しました。

また、高田さんの60代の妻も病院に搬送されたということです。

警察によりますと、火事が起きたのは中華料理店と住宅を兼ねた2階建ての建物で、高田さんは、燃え方が特に激しかった1階のちゅう房にいたとみられるということです。

現場は、JR天童駅から北西に500メートルほどの店舗や住宅などが立ちならぶ一角です。

警察と消防が詳しい状況を調べています。