スキージャンプ夏の大会 蔵王開催目指し実行委員会 山形市

スキージャンプの夏の国内大会について、山形市はことし8月に蔵王での開催を目指し、実行委員会を立ち上げ準備を進めています。
開催されると、スキージャンプの夏の国内大会としては県内で初めてだということです。

山形市は、サマースキージャンプ大会をことし8月に蔵王で開催することを目指し、県スキー連盟を通じて全日本スキー連盟に開催を申請しました。

会場となる蔵王ジャンプ台は、大規模改修工事の完了に伴い国際スキー連盟の最新基準に適合した国内唯一のサマージャンプ台で、男女合わせて100人以上の選手の出場を見込んでいるということです。

今後開かれる全日本スキー連盟の理事会で認められれば、開催が正式に決定し県内での開催は初めてとなります。

山形市は、蔵王での開催に向けて▽県スキー連盟や▽蔵王温泉観光協会、▽山形市スポーツ協会などでつくる実行委員会を先月立ち上げ、開催に向けた準備を進めています。

山形市スポーツ振興課は「日本のトップクラスの選手に参加してもらい、大会を活力あるものにしていきたい。夏場は観戦しやすい時期でもあるので、ぜひ多くの方に来てほしい」としています。