新たに227人感染 1人死亡 新型コロナ 山形県(19日)

県は新たに227人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと19日発表しました。
また、新型コロナウイルスへの感染が確認された1人が亡くなったということです。

新たに感染が確認されたのは、23の市と町に住む10歳未満から80代までの227人です。

1週間前の同じ曜日と比べると22人増えています。

市町村別に見ますと、山形市が72人、鶴岡市が32人、天童市が31人、酒田市が15人、寒河江市と東根市がいずれも10人、米沢市が9人、長井市が8人、上山市、村山市、遊佐町がいずれも6人、飯豊町が4人、高畠町が3人、山辺町、朝日町、大江町、三川町、庄内町がいずれも2人、尾花沢市、南陽市、河北町、川西町、白鷹町がいずれも1人となっています。

また、県と山形市によりますとあわせて5か所で感染者の集団=クラスターが発生したということです。

このうち、天童市の保育施設で職員と園児あわせて19人、鶴岡市の保育施設で職員と園児あわせて6人、長井市の保育施設で職員と園児あわせて5人、天童市の保育施設で職員と園児あわせて5人の感染がそれぞれ確認されました。

また、山形市の高校で同じ部活動に所属する生徒13人の感染が確認されました。

県内で感染が確認された人の累計は2万6817人となりました。

また、新型コロナウイルスへの感染が確認された80代の男性が17日亡くなったということです。

これまでに亡くなった人はあわせて91人となりました。