「文化財防火デー」を前に 紀伊風土記の丘で防火訓練 和歌山

26日の「文化財防火デー」を前に、重要文化財などを展示している和歌山市の紀伊風土記の丘で防火訓練が行われました。

「文化財防火デー」は昭和24年1月26日に法隆寺の壁画が火事で焼損したことを教訓に定められ、毎年この時期に全国各地で防火訓練などが行われています。
24日は、古墳時代の埴輪などの重要文化財を展示している県立紀伊風土記の丘で訓練が行われ、施設や消防の職員などおよそ50人が参加しました。
訓練は、近くの山林から火が上がり、施設の敷地内にある県指定文化財の建物に燃え移るおそれがあるという想定で始まりました。
施設の職員たちは火災報知器を鳴らして来館者を避難させたり、建物から文化財に見立てた箱を持ち出したりしていきました。
そして消防車が到着すると、隊員が山林へ向けて放水し、火を消し止めていました。
県立紀伊風土記の丘の西山耕司副館長は「訓練では思ったより職員が迅速に行動していました。消防に協力してもらい、大規模な訓練ができたのは有意義でした」と話していました。