“和歌山梅酒”を世界へ 新たな売り込み先は・・

国が地域ブランドとして保護する「GI」に指定された「和歌山梅酒」を海外にPRする取り組みについてです。

「GI」は“地理的表示”を意味する英語の「ジオグラフィカル・インディケーション」の頭文字で、国が産地の表示を認め地域ブランドとして保護する制度です。
3年前(2020年)に指定され、「和歌山梅酒」と表示できるのは、▼県産の梅を使い、▼県内で梅を漬ける作業や容器づめ作業を行うなどして▼味が一定の基準を満たしたものだけになりました。
この「和歌山梅酒」を海外に売り込もうとプロモーション活動を始めたのは、ワインで知られるあの国でした。

※詳しくは動画(5分)をご覧ください。
 データ放送からはご覧いただけません。

●県などによりますと今回、フランスでは、追加の発注もあり、梅酒の評判は上々だったということです。
「GI」への指定で、同様の制度を設けているヨーロッパなどの海外の多くの国でも保護されるということで、酒造会社などはPR活動を進めていきたいとしています。