和歌山 旅行割引制度 10月11日から全都道府県民 対象に

政府の新たな観光需要の喚起策「全国旅行支援」を実施することを受けて、和歌山県は旅行割引制度、「わかやまリフレッシュプラン」を10月11日からすべての都道府県民を対象にすると発表しました。

「全国旅行支援」は都道府県内などでの旅行を促す旅行割引制度に代わって、政府が全国に対象を拡大して導入する新たな観光需要の喚起策です。
国からの財源をもとに都道府県が実施することになっていて、対象期間は10月11日から12月下旬までとなっています。
これを受けて和歌山県は、10月11日から、新たな「リフレッシュプラン」を実施することを決めました。
新たなキャンペーンでは、▼1人1泊あたりの旅行代金の補助がこれまでより3000円引き上げられ、最大で8000円割り引かれるほか、▼クーポン券は、平日は3000円、休日は1000円となります。
利用は、▼ワクチンを3回接種しているか、▼PCR検査などで陰性であることが条件となっています。
県は、「全国旅行支援」を開始するまでは、これまで実施してきた宿泊代金などを割り引く「県民割」や「ブロック割」を延長することにしています。
県観光振興課は、「全国からの旅行者に来てもらい、県内観光の需要を喚起したい。感染対策を十分に行ったうえで旅行を楽しんでほしい」と話しています。