和歌山 台風に発達し23日夜から接近か 浸水など十分注意

日本の南の海上にある熱帯低気圧は23日までに台風に発達し、和歌山県には23日夜から24日午前中にかけてかなり接近する見込みです。
雨が同じ場所で降り続いた場合には警報級の大雨となる可能性があるため、気象台は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

和歌山地方気象台によりますと、日本の南の海上にある熱帯低気圧は23日までに台風に発達し、和歌山県には23日夜から24日午前中にかけてかなり接近する見込みです。
暴風域を伴わず、25日の朝までに温帯低気圧に変わると予想されていますが、南部では22日夜から24日にかけて局地的に雷を伴った激しい雨が降る見込みです。
23日1時間に降る雨の量は、▼南部で40ミリ、▼北部で20ミリ、23日午後6時までの24時間に降る雨の量は、▼南部で180ミリ、▼北部で80ミリと予想されています。
その後も雨が降り続き、24日午後6時までの24時間に降る雨の量は、▼南部で100ミリから200ミリ、▼北部で50ミリから100ミリと予想されています。
雨雲が予想よりも発達した場合や雨が同じ場所で降り続いた場合、23日昼前から24日にかけて警報級の大雨となる可能性があります。
また、3日前の今月19日に和歌山県に最接近した台風14号の影響で大雨となった地域では、地盤が緩んでいるところがあります。
気象台は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意するよう呼びかけています。