GI登録の和歌山梅酒PRへ 酒造会社や宿泊業団体などが協力

国が地域ブランドとして保護する「GI=地理的表示制度」に登録された和歌山県特産の梅を使った「和歌山梅酒」を観光客にPRしようと、酒造会社などでつくる委員会と宿泊業の団体が協力して取り組むことになりました。

「GI=地理的表示制度」は、品質や産地など一定の要件を満たした特産品を、国が地域ブランドとして保護する制度で、「和歌山梅酒」はおととし登録され、県内23の酒造会社などで造られています。
7日、和歌山市のホテルで調印式が行われ、県内の酒造会社や梅農家などでつくる「GI和歌山梅酒管理委員会」の中野幸生会長と「県旅館ホテル生活衛生同業組合」の利光伸彦理事長が出席し、合意書を取り交わしました。
具体的には、ホテルや旅館に訪れた観光客に「和歌山梅酒」を食前酒として提供することや、土産物売り場で販売するなどして消費の拡大を目指すということです。
このあと、「和歌山梅酒」の試飲会が行われ、宿泊業の関係者らがそれぞれの銘柄の香りや味わい、後味の良さなどを確かめていました。
県旅館ホテル生活衛生同業組合の利光伸彦理事長は、「地元の人が誇りをもって造っている梅酒です。宿泊業はコロナで大変痛みましたが、団体どうしが協力することで、和歌山を盛り上げていきたい」と話していました。