和歌山県 18日にかけ大気の状態不安定 土砂災害に十分注意

和歌山県は18日にかけて大気の状態が非常に不安定になる見込みで、気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

和歌山地方気象台によりますと、北海道付近にある低気圧からのびる前線が西日本を南下する見込みで、和歌山県では18日にかけて大気の状態が非常に不安定になり、雨雲が予想より発達した場合は警報級の大雨となる可能性があります。
17日予想される1時間の雨量は、いずれも多い所で北部・南部ともに40ミリ。
また17日午後6時までの24時間に予想される雨量は、いずれも多い所で北部・南部ともに100ミリと見込まれています。
気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意するとともに、竜巻などの激しい突風や落雷にも注意を呼びかけています。