すさみ町 巡回水族館の車買い替えへクラウドファンディング

すさみ町の水族館は学校などを回って生き物を展示する、「巡回水族館」を行う際に使っている車が老朽化したとして買い替えのための資金をクラウドファンディングで募集しています。

すさみ町にある「エビとカニの水族館」は8年前から県内外の学校や保育園に出向いてエビやヒトデなどの海の生き物に触れてもらう「巡回水族館」を実施しています。
生き物を運ぶ際に使っている車は塩害であちこちがさびて老朽化しているため買い替えが必要ですが、コロナ禍で入館収入も大きく減っていることから、水族館はクラウドファンディングで買い替え資金を募集することにしました。
目標額は300万円で、寄付額に応じて、▼オリジナルTシャツや▼年間パスポートなどを返礼品として贈ることにしています。
水族館の平井厚志館長は「巡回水族館は、なんとか生き物の面白さや不思議さを知ってもらおうとやっています。今後も多くの子どもたちに生き物を届けるためにもご協力をお願いします」と話していました。
クラウドファンディングは、8月末まで行われています。