近畿梅雨明け 和歌山県内も厳しい暑さ 熱中症警戒

28日の県内は晴れて厳しい暑さになっていて、気象台は「近畿地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。
このまま確定すれば最も早い梅雨明けとなります。

気象台によりますと、28日の県内は高気圧に覆われて晴れていて、この先1週間も晴れる日が多くなると予想されています。
気象台は、28日午前、「近畿地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。
去年よりも19日、平年よりも21日、いずれも早くなりました。
統計を取り始めた昭和26年以降これまで、最も早かったのは昭和53年の7月3日で、このまま確定すれば過去最も早い梅雨明けとなり、梅雨の期間も14日間と最も短くなります。
ことしの梅雨の期間中に降った雨の量は、和歌山市は33.5ミリ、かつらぎ町で34.5ミリといずれも平年のおよそ30%にとどまるなど、県内各地で平年を大きく下回りました。
梅雨明けした28日、県内の日中の最高気温は、▽新宮市で35度とことし初の猛暑日となったほか、▽かつらぎ町で33.8度、▽和歌山市で32.5度などと広い範囲で真夏日となっています。
また、29日も県内は晴れる見込みで、予想最高気温は、▽和歌山市で33度▽潮岬で28度と予想されています。
今後も厳しい暑さが続く見込みで熱中症に警戒し、こまめに水分を補給する、我慢せず冷房を適切に使用する、屋外で会話が少ない場面などではマスクを外すなど、対策をとってください。

【和歌山では】。
南海電鉄の「和歌山市駅」の前では、日傘をさす人や、汗を拭いながら歩く人の姿が見られました。
和歌山市の40代の女性は、「ことし梅雨は、あったかなという感じです。雨もそんなに降っていないと感じます。最近は暑くてずっと冷房をつけっぱなしにしています」と話していました。
また、和歌山市の片男波海水浴場では、砂浜に寝そべり日ざしを浴びる人や、家族で遊ぶ人の姿が見られました。
岩出市から4歳の孫とともに訪れていた50代の男性は、「暑くなるのが早くて夏が長くなった感じがします。6月でこの暑さだと、7月や8月はどうなってしまうのかと思います」と話していました。