小規模な小学校2校 児童が一輪車の乗り方を一緒に学ぶ

高野町とかつらぎ町にある小規模な小学校の児童が一輪車の乗り方を一緒になって学ぶ講習会が高野町で開かれました。

この講習会に参加したのは、▼高野町の山あいの地区にある花坂小学校の児童9人と、▼かつらぎ町の花園地区にある梁瀬小学校の4人です。
花坂小学校で開かれた講習会で児童たちは講師による演技を見学しました。
このあと一輪車に乗るときのコツなどについて説明を受け足のつま先を意識するとバランスよく乗ることができることを教わっていました。
はじめのうちは、おそるおそるペダルをこいでいた児童も、両手を講師にもってもらいながらバランスの取り方などを学ぶうちに、1人で乗りこなせるようになっていました。
女子児童は「これまでやったことのないことを詳しく教わりました」と話していました。
男子児童は「教えるのがうまかったので、楽しかった。きょう、成果を運動会とかで見せたいです」と話していました。