橋本市の「恋し野の里あじさい園」 見頃に

橋本市で、梅雨の時期を彩るあじさいが見頃を迎え、訪れた人たちを楽しませています。

橋本市の「恋し野の里あじさい園」で、色とりどりのあじさいが訪れた人たちを楽しませています。
橋本市の恋野地区の丘陵地にある「恋し野の里あじさい園」には、およそ30種、5000株のあじさいが植えられています。
あじさいは、青やピンク、紫などと見頃を迎えています。
16日も多くの人が訪れ、写真を撮ったり、こども園の園児たちが歓声をあげていました。
訪れた人は、「非常にきれいなあじさいで、コロナでふさいだ気持ちが落ち着きます。このような場所をみんなに教えてあげたいです」と話していました。
あじさいは6月いっぱい楽しめるということです。