かつらぎ町 丹生都比売神社 新型コロナ終息願い「大護摩供」

かつらぎ町の「丹生都比売神社」で、世界平和や新型コロナウイルスの終息を願って、護摩木をたく「大護摩供(おおごまく)」が行われました。

世界遺産の「丹生都比売神社」では、世界平和や新型コロナウイルスの終息などを祈願し、吉野大峯の山伏による大護摩供が行われました。
神社の広場には、ひのきで組んだ高さおよそ2メートル50センチの護摩壇が設けられ、ほら貝を吹き鳴らす山伏が、厄よけのために弓で矢を放つ儀式を行いました。
このあと、護摩壇に火がつけられると勢いよく燃え上がり、読経の声が響き渡るなか願い事が書かれた護摩木が次々と投げ入れられ、訪れた人たちが手を合わせて祈っていました。
奈良から訪れたという女性は、「世界平和、コロナの終息、家族の安念を祈りました」と話していました。
丹生都比売神社の丹生晃市宮司は「日本は、神仏、両方祈っていて、宗教は関係なく祈ることで皆が幸せになると思います」と話していました。