栃木県走る鉄道車両 「鉄道友の会」が選ぶ2つの賞を同時受賞

鉄道愛好家や識者による団体、「鉄道友の会」が、ことしもっともすぐれた新型車両に贈る「ブルーリボン賞」に、東武鉄道の新型特急「スペーシアX」の車両が選ばれました。
また、技術面で優秀な車両に贈られる「ローレル賞」には、宇都宮市などを走るLRT=次世代型路面電車の車両が選ばれ、主に栃木県を走る鉄道の車両が、初めて2つの賞を同時に受賞しました。

「鉄道友の会」は23日全国の鉄道の新型車両から、ことしの「ブルーリボン賞」と「ローレル賞」を発表しました。
それによりますと、もっともすぐれた車両に贈られる「ブルーリボン賞」には、東京・浅草と、栃木県日光市を結ぶ東武鉄道の新型特急、「スペーシアX」の「N100系」が選ばれました。
外観の窓枠が、伝統的な「組子」の技法を連想させ、車内にも江戸の文化をイメージした色彩が施されるなど、歴史や文化を現代と融合させたデザインなどが、高く評価されました。
また、技術面で優秀な車両に送られる「ローレル賞」には、宇都宮市と隣町を結ぶLRTの「HU300形」などが選ばれました。
大きな窓や低い床などで乗客の利便性と快適性を高め、黄色を基調とした斬新なデザインで、注目されたことなどが評価されました。
「鉄道友の会」によりますと、主に栃木県を走る鉄道の車両が、2つの賞を同時に受賞するのは、今回が初めてだということです。

東武鉄道の新型特急、「スペーシアX」の「N100系」がことしのもっともすぐれた新型車両に贈られる「ブルーリボン賞」に選ばれたことについて、宇都宮市内では喜びの声が聞かれました。
20代の男性は「栃木県民として誇りです。まだ乗ったことがないので『スペーシアX』に乗って日帰りで浅草に遊びに行きたいです」と話していました。
40代の女性は「駅で『スペーシアX』を見かけたときに格好いいなあと思っていました。賞に選ばれたことは栃木の自慢です。東京に行くときには運賃が安いJRの在来線を使っていますが、いつか旅行を計画して『スペーシアX』に乗りたいです」と話していました。

宇都宮市などを走るLRT=次世代型路面電車の車両が、「ローレル賞」を受賞したことについて、宇都宮市の佐藤栄一市長は、「LRTのデザインや、バリアフリー対応などの取り組みが、高い評価を受けたことは誠に喜ばしく、誇りに感じています。より多くのかたに乗車いただけるよう安全・安心な運行と、快適な運営に努めていきます」とコメントしています。