那須町の保育園児たちにクリスマスケーキをプレゼント

クリスマスを3日後に控え、那須町の保育所に通う園児たちに、地元の観光施設からクリスマスケーキがプレゼントされました。

那須町の観光施設「お菓子の城那須ハートランド」は、毎年、クリスマスにあわせて、町内6つの保育所に通うすべての園児たちに、施設で作ったクリスマスケーキをプレゼントしています。
ことしは450人の園児たちにおよそ80個のホールケーキを配ることにしていて、このうち「黒田原第1保育園」では真っ赤ないちごの「とちおとめ」が乗ったケーキが、代表の2人の園児に手渡されました。
22日はさらに、地元で民芸品店を営む藤田和典さんから、羽子板やけん玉などの伝統的なおもちゃもプレゼントされました。
これに対して2人の園児は、「ありがとうございます」とお礼を言ったあと、雪だるまなどの切り絵を貼ったクリスマスカードを手渡していました。
5歳の女の子は「ケーキがおいしそうで、食べるのが楽しみです」と話していました。
観光施設の片桐俊輔会長は「ことしもケーキを贈ることができてよかったです。子どもたちの笑顔を見て感動しました」と話していました。
おもちゃをプレゼントした藤田さんは、「木のぬくもりを感じながら、クリスマスやお正月に楽しんでほしい」と話していました。