国体を装ったフィッシング詐欺に注意を

YouTubeで、栃木県で開かれている国体の名称やマスコットなどを無断で使用してライブ配信を装い、クレジットカード情報などの入力を求める不審なアカウントが見つかり、県はフィッシング詐欺として注意を呼びかけています。

県によりますと、4日、動画投稿サイトYouTubeに国体を装ったアカウントがあるという情報が寄せられました。
県が確認したところ「第77回国民体育大会」などと称して、今月1日から開かれている「いちご一会とちぎ国体」の名称やマスコットなどを無断で使用している不審なアカウントが複数、見つかりました。
大会の競技映像をライブ配信するかのように装い、URLをクリックするよう促していて、アクセスした場合、メールアドレスやクレジットカード情報など個人情報の入力を求めてくるということです。
県によりますと、不審なアカウントを通して個人情報を入力してしまったという声が寄せられ、警察にも相談しているということで、県はフィッシング詐欺として、注意を呼びかけています。
国体競技のライブ映像は、日本スポーツ協会が運営する公式映像サイト「国体チャンネル」で、無料で配信されています。
県は「国体のライブ映像をみるためにクレジットカード情報を求めることは絶対にない。不審なサイトには十分注意してほしい」と話しています。