国体 空手道組手団体で栃木県が優勝

栃木県で行われている国民体育大会、「いちご一会とちぎ国体」は、4日、小山市の県南体育館で空手道組手団体の決勝が行われ、地元の栃木県が優勝しました。
成年と少年の男女5人が1チームとなって戦う空手道の組手団体の決勝で、栃木県は東京都と対戦し、3対1で勝って初優勝を果たしました。