G7 男女共同参画・女性活躍担当相会合 日光市で開催へ

政府は、来年の「G7広島サミット」に伴って各地で開く14の閣僚会合のうち男女共同参画・女性活躍担当相会合を日光市で開催すると発表しました。

「G7広島サミット」は、来年5月19日から21日までの3日間、開かれる予定で、これに伴って、全国各地で14の閣僚会合が行われます。
松野官房長官は16日の閣議のあとの記者会見で、すでに開催地が明らかになっていた2つを除く12の閣僚会合の開催地を新たに発表し、このうち、男女共同参画・女性活躍担当相会合を日光市で開催することを明らかにしました。
栃木県によりますと、県内でG7の閣僚会合が開かれるのは初めてだということです。
栃木県は、去年11月に閣僚会合の日光市への誘致を目指す考えを正式に発表し、その翌月奥日光のホテル「ザ・リッツカールトン日光」を会合の会場として提案する誘致計画書を外務省に提出しました。
県は、奥日光を開催場所に選定したことについて、「ラムサール条約に登録されている豊かな湿地や外国の大使館の別荘がある国際的な避暑地として知られ、会議を実施できる環境が整ってきている」としていました。
ことし1月には、福田知事と日光市の粉川昭一市長が外務省を訪れて要望を行うなど積極的なPR活動を続けていました。