萩野公介さんら元競泳選手が水泳教室 子どもらに泳ぎ方指導

リオデジャネイロオリンピックの金メダリスト、萩野公介さんら県内ゆかりの元競泳選手2人が小山市で水泳教室の講師を務め、子どもたちに泳ぎ方などを指導しました。

31日開かれた水泳教室には、小学生や中学生など50人余りが参加しました。
講師を務めたのは、いずれも県内出身の元競泳選手で、リオデジャネイロオリンピックの男子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した萩野公介さんと、女子400メートル個人メドレーで8位入賞した清水咲子さんです。
教室ではまず、体作りと食事について講話が行われ、清水さんは空腹の状態を長引かせないようこまめに食事を取っていたことなどを伝えました。
その後、プールに移動し、萩野さんが実際に泳いでみせながら、「バタフライは、へその下を水面から浮かせることを意識して泳ぐといい」などとアドバイスしていました。
中学1年の女子生徒は、「改善点を見つけられ、よかった点も言ってもらえた。教えてもらったことを生かして、ベストを出せるようにしたい」と話していました。
講師を務めた萩野さんは「プールに入ること自体が相当久しぶりでした。子どもたちと接して楽しかった」と話していました。
また、清水さんも「子どもたちの目がキラキラしていました。皆さんの競技力の向上につながるとうれしい」と話していました。