新型コロナ感染者急増 知事「第7波の入り口を懸念」

福田知事は8日の定例会見で、県内で新型コロナウイルスの新規感染者数が急増していることについて「第7波の入り口ではないかと懸念している」と述べ、県民に対し、引き続き基本的な感染対策を徹底するよう呼びかけました。

福田知事は8日、県庁で開かれた定例会見で新型コロナウイルスの新規感染者数が今週に入ってから急増していることを受けて「第7波の入り口ではないかと懸念をしている。より感染力の強いBA.5への置き換わりが進む可能性が高いことなどから、感染が急拡大し医療提供体制への負荷が高まることを懸念している」と述べました。
そのうえで「夏休みシーズンを大きな行動制限なく過ごすために、感染拡大を食い止める必要がある。引き続き基本的な感染対策を徹底してほしい」と述べました。